イタリアから、ひとコマ。

住んでいるイタリアの、何気ない日常から。写真とともに綴ります。

シチリアから、日が昇る瞬間

また、シチリア旅行の続き。 旅も最後の方のある朝。 海の目の前のアパートを借りたので 絶対日の出を見ようと意気込んでいました。 少しだけ写真を撮って、 あとは昇る太陽をずーっと見ていました。 すごく大きくて、真っ赤で、正に燃えていました。 自然の…

シチリアから、シラクーザはオルティージャ

だ〜い好きな、シラクーザはオルティージャ島で。 どうしてこんなに好きなのか分からないけど。 この島で眺める海は、どの位置からも 本当に好き。 い〜っぱい、大好き です。 人気ブログランキング

シチリアから、アグリジェント。蒼と緑。

うぃ〜ん…… と、みんな右に行っちゃってる樹々。 陽が当たるのが、そちら側なのね。 アグリジェントの「神殿の谷」の一画です。 シチリアの蒼い蒼い空に、緑が美しい。 少ししか知らないけど、 シチリアの色が、とても好きです。 人気ブログランキング

シチリアから、シラクーザ。猫との遭遇。

シラクーザ近辺の山に登ったところ、 このような愛らしい子たちに会いました。 親子なのかなあ。 イタリアは、住んでいても旅行しても、 猫との出会いが楽しく嬉しいところ。 人気ブログランキング

シチリアから、フォンテ・チャーネ(シラクーザより)

シラクーザの フォンテ・チャーネ Fonte Ciane という所で撮った一枚です。 自然保護区域のチャーネ川の水源となる場所。 昨日の恐ろしいまでの雷雨にさらされた緑を 陽光がキラキラと抱擁していました。 人気ブログランキング

シチリアから、 アグリジェント

「そこまでやる⁈」 と思ったくらいの土砂降りが、今日のシチリア天気。 一昨日の快晴日に、 神殿の谷 Valle dei templi を見学出来て良かったです。 写真は、ヘラ・ラチーニア Hera Lacinia、 またはジュノーネ Giunone の神殿から。 向こうに海を臨めます。…

シチリアから、 海辺の子供達

シチリアは、アグリジェントに来ています。 ここで、「トルコ人の階段」と呼ばれる岩場のある海岸を訪れました。 日があると、昼間はまだまだ夏日のシチリア。 海水浴の人々がそこここにいます。 そして、昨日の夕暮れ時、 散歩するひと家族が。 そこの子供…

ローマの貴族

昔のアルバムから。 確か(確か…)ラツィオ州のとある小さな町にある、 由緒ある貴族のお屋敷にて。 1600年代後半には出来ていたはずの建物で、 イタリアの歴史を読んでいると、 結構な頻度で出てくる、 ローマの貴族の、郊外のお屋敷です。 モダンな家具があ…

ウンベルトI世のガッレリーア ナポリから

そういえば、先日ナポリに行った時、 ここも通りました。 ウンベルトI世のガッレリーア。 昔はCD屋さんもあったのに(すっごーく昔)、 なんかバールとブティックだけになっていました。 ちょっと寂しい。 でも、ここの光は変わらず。 むしろ、修復によってガ…

卵城 〜 ナポリから

用があったので、ナポリに行ってきました。 昔から、大好きな街。 チェントロで美味しいピッツァを食べて、 坂を下りてきて、卵城を見るのが、 私の定番コース。 ここを見て、 ギリシャ人がやってきた頃に思いを馳せるのが好き。 シレーンの伝説などから、 …

甥っ子の祥多き行く方を

イタリアの甥っ子に会ってきました。 5ヶ月そこそこですが、 中身が詰まっているのか、 抱っこすると、ずっしり。 本人も何だか、横綱級の渋い表情が多いです。 赤児なのに(笑)。 そういうものなのでしょうか? 赤ちゃんって面白い。 これは、伯父さん1と叔…

ヴェネツィアから アルバム整理 ブラーノの夕日

これも確かブラーノ島で。 夕日をパチリ。 レース編みが盛んだった頃って、 どんな活気があったんだろうと 想像しまくりです。 過去を振り返るのは、全く興味ないけれど、 歴史を振り返り、 あれこれ想像するのは、 本当に心躍ります。 人気ブログランキング

ヴェネツィアから アルバム整理 洗濯物

またまた、整理中のアルバムから。 ブラーノ島の洗濯物。 普通の広い道に 堂々と干してありました。 下着泥棒はいない模様…。 人気ブログランキング

ヴェネツィアから アルバム整理

溜まった写真の整理しています。 これは、5年前のヴェネツィアはサン・マルコ広場で。 ヴェネツィアは旅でも仕事でも、結構行っていたのに、 この時初めて 「アックア・アルタ acqua alta」* に出くわしたのでした。 2、3時間で水引いちゃいましたけど。 実…

トスカーナから、……雑

え…っと。 花の水遣り…。 オシャレなのか、雑なのか。 それが問題だ。 ま、どっちでもいいんですけど。 人気ブログランキング

トスカーナから、オリーブ畑

テクテク歩く 巡礼の道フランチージェナ。 ワインの美味しいトスカーナは 上質のオリーブオイルの産地でもあります。 ここから、あの美しい色のオイルが生まれるんですね。 人気ブログランキング

トスカーナから、朝靄

日の出を見たくて、 頑張って起きました。 朝靄が、丘に煙っています。 糸杉とオリーブの木が、特徴的。 肌を纏う空気が 日の出とともに 少しずつ陽の温みを孕み、 だんだんとその体積が増す。 トスカーナの夏の空気の層、 数分で変わるんですね。 人気ブロ…

トスカーナから、空。

トスカーナのとある町から。 う〜む。 相変わらず 英語、仏語、独語がよく聞こえてくる。 外国人に人気ですねえ。 て、私も外人ですが。 聞こえてくるイタリア語は、 もちろん、トスカーナ訛り。 面白い響き。 さて。 お風呂入ろ。 人気ブログランキング

古代ギリシャ劇場 〜タオルミーナ

既に夏休みから帰宅しているのに、 気分はまだまだバカンスのもの。 きっと、イタリアのバカンスシーズンはこれからだからかな。 というわけで、今日の写真は去年の夏休みから。 シチリアはタオルミーナの古代ギリシャ劇場。 詳細はすっかり忘れたけど、 何…

サンレモのトンネル

サンレモは音楽祭の他、 「花の町」としても有名。 さらには、自転車では重要な町なんですって。 で、このトンネル。 隣町のオスペダレッティ Ospedaletti に連結する、 昔は列車の通り道だったところ。 これを、中央は自転車の、 両脇は歩道者、ランナーの…

花屋さん

こういう市の何が好きかって、 花屋さんを覗くこと。 どうやったら、センス良く配置出来るんだ? て、いつも思いつつ、 「綺麗だな〜、綺麗だな〜」 とブツブツ言いつつ眺め回します。 (語彙は貧困) 私が「フワ〜、綺麗〜」 と言いつつ見ていたら、 フランス…

塩の屋台@ニース

今回の夏休みは、 2年前に同じく、リグーリア州の海辺の街で。 そこから足を伸ばし チンクエテッレとは反対方向の コート・ダジュールの方に車でブイ〜ン。 おフランスは、やはり洗練された雰囲気…。 イタリアに比べて、 街ゆく人のお喋りの声もボリュームが…

猫に懐かれた

昨日投稿した、ラ・ピンニャにて。 黒猫ちゃんが、トットコついてきました。 まだ子猫っぽさが抜けきらない体の雰囲気でした。 かなり纏わりついてきていたのに 自分の縄張りがあるのか、 ある所からは全く脚を出さず。 別れを惜しみつつ(私だけかな?) そこ…

ラ・ピンニャ 〜サンレモ〜

「サンレモ音楽祭」で有名な、Sanremo サンレモ。 海から反対方向の山側には、 中世から続く区域 La Pigna ピンニャ があります。 狭い路地が入り組んで、 場所によっては、ちょっとジメッとしていたり。 迷路みたいで、歩き回るのが面白いです。 但し、勾配…

郵便受け designed

とある海辺の町の、郵便受け。 職人さんのアトリエのもの。 こういうところにも、 職人&芸術魂。 好きです。 人気ブログランキング

海辺にて

ここの浜は好きなのです。 バール&レストランが管理しているところなんだけど、 音楽もかけず、 ただ波と風の音を聴きつつ、 ゆるゆる昼寝したり、読書したり。 石の浜なので、人も少ないのが、尚良い。 暑くなったら、海に飛び込んで。 海辺のグウタラな午…

グラッパのグラス

リグーリア州の、とある海辺の町にて。 グラッパのグラス。 可愛らしい蓋がついています。 飲み終えて、「ふ〜」と一息ついていると、 お店の人が 「もう一杯どうです?サービスしますよ」 断らないわけはありませんよね。 グラッパで気持ちよくなったところ…

Deus, ecce deus

ピンボケちゃってますけど、 偶然の産物で面白く思っています。 シラクーザはオルティージャ島にある 大聖堂を見学していた時のものです。 ブログタイトルの意味は、 「神が、ほら、神が(いる)」 というところでしょうか。 ウェルギリウスの「アエネーイス」…

レトヤンニの海

レトヤンニLetojanni の海。 またまたシチリアの北東部から。 タオルミーナから車ですぐ。 私が住む北イタリアにはない 太陽の強い光。 皮膚を突き破って 体の隅々の全ての細胞に ものすごいエネルギーを与えてくる …そんな光。 海と、小石の浜辺が 陽の光に…

大階段 〜カルタジローネ

前投稿の続きで、 またカルタジローネ Caltagirone のアルバムから。 これが大階段。 一段ごとに、タイルのモチーフが異なり、 とっても面白い。 一気に登らず、 一段一段味わって見るのが楽しかったです。 ここに、春には花を、 7月と8月にはロウソクの火を…