イタリアから、ひとコマ。

住んでいるイタリアの、何気ない日常から。写真とともに綴ります。

ナタリア・ギンズブルグ 〜 書棚から、ひとコマ

f:id:lotofelice:20210127075000j:plain

仕事で必要な本を読む以外、

読書らしい読書を少しの間していませんでした。

あれこれ読みかけては、

「……これじゃない……」

と止めることばかり。

読みたいものは山ほどあるのに。

気分が本に寄り添えないといえましょうか。

 

そんな中、

いつも本屋で手に取っては元に戻していた作家のエッセイ集を、

なんか今回は

「うん、これだ」

と感じ、買い、読み始めました。

 

いつも本屋で立ち読みした時に感じていた通り。

この人の文章、好き。

 

今の時期のわたしには、

物語より、

こういうエッセイがいい。

どんなふうにそれまで過ごしていたとしても、

ひとたび文字を目に入れていくと、

彼女の描く世界が生き生きと現れたり、静かに浮かび上がったり。

そこに一瞬で入り込んでしまう。

 

ナタリア・ギンズブルグ。

 

彼女が書いたものを読むのは、これが初めて。

日本語では須賀敦子氏の翻訳で多く出ているようです。

同氏の翻訳で読むのも、素晴らしい読感を味わえそうですね。

しかし今は、イタリア語を解すことにありがたみを感じつつ

直接ギンズブルグの文の綴りを、

わたしなりに楽しむとしましょう。

 

この本とともにちょっと今夜は、

夜更かしします。

 

 

 

 


海外風景写真ランキング

ラ ヴィータ エ ベッラ 〜 日常から、ひとコマ

f:id:lotofelice:20210126062042p:plain

La vita è bella  

ヴィータ エ ベッラ

日本では、「ライフ イズ ビューティフル」というタイトルで知られていますね。

イタリアでは1997年に、日本では1998年に公開された20年以上も前の映画です。

私はこれを1999年の正月休みに、何故かナポリの映画館で鑑賞したのでした。

 

何故今これをブログに取り上げるのかというと、

単に今こちらのテレビで放映中だからです。

ただいま後半が放送されています。

なのでリビングから逃げてこれを書いています。

 

映画館で観た当時はまだ20代もそこそこ。

今は立派な40代。

ちゃらんぽらんながらも歳を重ねた今、

20年前には感じなかったことや見えなかったことが

前半だけでもいろいろあって、

いや、切ない……。

主人公と息子が連れ去られた場面を見て、

今回はもう観るの、やめました。

もう既に涙堪えて、喉の奥が痛いので。笑

 

と言いつつ、しかしやはり佳い映画なのです。

今度は一人でじっくり観るつもりです。

 

ご興味ある方、お勧めですよ。

 

 

 

 注) 写真はネットから拝借しました。

 

 

 

 


海外風景ランキング

またこの季節 〜 食卓から、ひとコマ

f:id:lotofelice:20210118072822j:plain

 

夫が買ってきてくれたカーニバル菓子、トルテッリ。

揚げドーナツみたいなものです。

一つは中身なし、もう一つはチョコレートクリーム入り。

自分でも作ろうと思えば作れますが、そんなことすると太りまくることウケアイ。笑

お菓子屋さんに貢献するためにも、買った方がよいです。

 

小皿は日本から持ってきた焼き物、マグはTokyo、ランチョンマットは母の手作り。

 

大事なものを日常に使って、ホクホク小さなしあわせを感じています。

 

 

……なんていうと、「丁寧な生活」て感じですが、そんなに素敵なわけもなく。

いろいろ出すのが面倒で、流しに立って(こぼれても水で流せば終わり)頬張ったりとか、結構しています。

わざわざブログに載せないだけ。

ブログではカッコつけてます。つけてるつもり。笑

 

また一週間が始まりますね。

気をつけつつも、力を抜いて過ごすことにします。

美味しお菓子を食べられることにも感謝しつつ。

 

 

 


海外風景ランキング

Nunc est bibendum 〜 食卓から、ひとコマ

f:id:lotofelice:20210115042746j:plain

Nunc est bibendum

 

古代ローマの詩人ホラティウスの、ある一頌歌の始まりの句。

(イタリア語では、Orazio オラーツィオ)

イタリア語では、

Ora si deve bere

または

Ora bisogna bere 

となります。

「今こそ飲まねば」

のような感じでしょうか。

 

クレオパトラのローマへの政治軍事力を恐れていた中、女王の死を知らせる一報が入り、

安心し、歓びの酒を飲もうという場面を歌ったものだそうです。

 

こういう一句がワインのコルクに焼印されているのが、

如何にもイタリアワインと思いました。

今何となくコルクを集め始めていて、それぞれのデザインを見ていますけど、

改めて眺めると、結構面白いです。

凝ったものから、何にもないものまで、いろいろ。

可愛い絵もあったので、また投稿してみます。

 

 

 


海外風景ランキング

エレカシ 〜 日常から、ひとコマ

エレカシ

 

youtu.be

 

が、実はとっても好きです。

 

イタリア生活もあと2年ほどで四半世紀を迎えます。

うわ〜おっ(言ってみて自分でビックリ‼️)。

 

過去を振り返ることって、ほぼないです。

毎日が大事だから。

そんな中、宮本さんの声は、

昔からのエレカシの曲でも

彼の新曲でもエレカシとしての新曲でも、

驚くほど私の日本時代を心に蘇らせてくれます。

感傷的ではなく、ものすごく力強く。

だからといって妙に雄々しいこともなく。

ごく自然に。でも、力強く。

 

うーん。

 

なんかありがとう。

 

 

 


海外風景ランキング