イタリアから、ひとコマ。

住んでいるイタリアの、何気ない日常から。写真とともに綴ります。

一時帰国していました 〜四国から、ひとコマ

久しぶりのブログです。

 

実は、一時帰国していました。

3年半ぶり。

 

写真は両親と行った、四国は高松市栗林公園の蓮池。

 

私のブログ名 Loto felice は

loto 蓮

felice 幸せな

という単語から成っています。

 

好きな花はたくさんありますが、

泥水を弾いて、自らスクッと茎を伸ばし、美しく開き咲く蓮の姿は、

居る環境に関わらず、芯を持ってたおやかに生きる強さを示してくれています。

私には、人生の手本の花です。

 

季節はもう終わっていましたが、美しさの名残を見せてくれていて、

暫し佇み、愛でました。

 

 

 

 


海外風景ランキング

ペルージャの大聖堂 〜ウンブリアから、ひとコマ

写真は、サン・ロレンツォ大聖堂 Cattedrale di San Lorenzo @ペルージャ

 

それはそれは壮麗で素晴らしい内部でした。

 

向かって左の一番奥の柱に目を奪われました。

大理石なんだけど、今まで見たことない模様。

どこから採ってきたのかな〜。

 

教会の豪奢さは、その土地の領主・僭主、またはその教区の大司教の力がよく見えて面白いですね。

 

私がペルージャを訪れた日は、

前日の暑さが信じられないくらいの気温と強い風で、大変でした。

夫婦でチェントロのお店に入り、

急遽、夫はジャンパーを、私は何とウールのケープを買わなければいけませんでした。

お店には同じような買い物をする観光客がいっぱいで、

「そうだよなあ、この寒さはやってらんないよなあ」

と頷けました。

長袖だったとはいえ、麻のシャツでは寒過ぎましたね。

何だったのだ、あの天候は。

それでも、私達2人だけなら一日中街を散策していたと思いますが、

何しろ高齢者を伴っていたので、体調に影響を与えては、と考え、

半日ほどいただけで、宿に戻りました。

まあ、また行くとしましょう。

 

ウンブリアは、どの街も雰囲気が本当に素敵で、

遺された芸術も素晴らしく、

訪問したいところがたくさんある州ですよ。

食べ物もワインも美味しいですし🌟

 

 

 


海外風景ランキング

聖アンドレア教会 〜ウンブリアから、ひとコマ

 

オルヴィエートの聖アンドレア教会より。

(Chiesa di Sant'Andrea)

 

以前夫と2人でこの町を訪れた時にも、

この教会の美しさに目を見張りましたが、

やはり今回も同様に。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、

この天井の造りと

修復されたフレスコ画の色鮮やかさのコントラストが

とても魅力的です。

独特の静謐さも感じることができ、

何とも心を捉える教会です。

 

今回は大勢だったので、あまり時間をかけて見られませんでしたが、

見たことと受けた印象は、しっかりと胸に焼き付けて、

教会を後にしましたよ。

 

 

 

 


海外風景ランキング

ウンブリチェッリ 〜ウンブリアから、ひとコマ

食べ物の写真が続いて恐縮です。

 

こちらは同じアグリトゥリズムのリストランテでいただいたパスタ。

その名も、ウンブリチェッリ umbricelli。

この地方のパスタなんですって。

手打ちパスタで、食感はモッチモチ。

ピリッと唐辛子の効いたトマトソースでいただきました。

 

これ、一人前だったのですけどね。

悠に二人前のように見えました。

 

イタリアでは糖質制限は出来ません。笑

 

 


海外風景ランキング

アグリトゥリズムで 〜ウンブリアから、ひとコマ

こちらは、トーディの郊外にある

アグリトゥリズムのリストランテでの一品。

これ、アンティパストの盛り合わせ。

 

これが前菜って、ナニッ?

となりますが、

アグリトゥリズムではよくあること。

これは3人くらいで分けていましたね…。

(私は手出しせず)

 

左上から時計回りに、

モッツァレッラ、リコッタ、メロン生ハム添え、コッパ、モルタデッラ、パンチェッタ(以上サラミ系)、チーズ3種、ブルスケッタ3種(フルーツ添え、レバーペースト、野菜も炒め煮)、

ひよこ豆、ゆで卵、パルミジャーノチーズ

です。

 

ここは野菜、チーズ、サラミ類に、ステーキに使用のお肉も、

全て自分達の農場で栽培、精品、精肉していました。

リストランテとは別に、販売所もありました。

イタリアにはまだまだこういうところが多いです。

近年のアグリトゥリズム・ブームで、

食事の量は普通〜やや多いくらいで

小洒落た雰囲気で提供してくれるところが増えていますが、

この写真の場所は、それはもうっ!

な量でした。

ま、写真で伝わると思いますが…笑。

 

量はともかく、

何もかも手作りの品をいただけるとは、

いやはや、贅沢なことですね。

味は、説明する必要もありますまい。

 

このアグリトゥリズムで撮った写真はまだあるので、

もう少し続けます。

 

 

 

 


海外風景ランキング